頼れる存在の2年生
いよいよ1年生も自分達だけで帰ってくるようになりました。1年生自身、「もう帰って来れるで!」と自信満々。しかし、やっぱり無事に帰って来れるかが気になります。

そこで校門前までようすを見に行くと、元気に出てきた1年生とともに、2年生の子ども達もいるではないですか!
指導員顔負けの完璧な布陣で1年生をエスコートする2年生。もちろん、2年生には指導員から何も頼んだりはしていません。子ども達自身が1年生の事を気にかけ、自ら行動してくれたのです。そんな2年生の姿に上級生としての使命感を感じました。

学童まで距離のある小学校でも、お迎え初日から2年生が待ち合わせの場所で待ち、一緒に帰ってくれたり、同じ小学校には1年生のいない子ども達も、学童の中で1年生の事を意識して行動してくれる等、上級生になってわずか1ヶ月とは思えない、頼りになる「学童のお兄ちゃん・お姉ちゃん」な存在の2年生達です。
[ 2017/05/20 16:02 ]

子どもたちの生活とようす |
3年生のたこ焼きづくり
先日、3年生の子ども達が独自活動で「たこ焼きづくり」を実施しました。

なかⅡでは、全体での活動以外にも、「高学年活動」や今回の「3年生活動」といった学年独自の活動を行っています。

行っている…とは言っても、指導員から一方的に提示するのではなく、子ども達が主体的に取り組むことができる活動を大事にしており、今回の「たこ焼きづくり」も、3年生の子ども達が「3年生だけで何かしたいなぁ…。」という雑談に近い話し合いから始まりました。そこから少しずつ計画と会議を重ねていき、自分達で実施まで持って行く、その「主体性」こそが指導員が学年の独自活動で大事にしている事です。

当日は、たこ焼きのいいにおいに釣られ、他の学年の子ども達も集まってきました。
「3年生ええなぁ…。」
「私らもやりたいわ…。」
そんな「憧れ」が、次の活動へと繋がる意欲となります。

たこ焼きの出来栄えに、作った3年生も大満足!
「めっちゃ美味しい!」
「指導員も食べてみ!」

たこ焼き20170501


あまりの出来に、羨ましそうに見ていた他の学年の子ども達にもたこ焼きを振舞う3年生の姿がありました。
[ 2017/05/01 18:39 ]

子どもたちの生活とようす |
1年生になったら…
4月も早いもので、半月が過ぎようとしています。

新1年生が小学校に通い始めて1週間。授業がおわると、「ただいま!」と元気よく学童に帰ってきています。

指導員が子どもたちを小学校に迎えに行き、「今日、学校どうやった?」と聞くと…
「今日、学校でこんなことを習ったで!」
「給食おいしかった!」
と、その日学校であったことをたくさん報告してくれるので、学童までの道のりもにぎやかです。

もちろん学童に到着してからも、小学校での発見や体験を次々に話してくれます。

そんな子どもたちの姿に、小学1年生のころに誰もが経験した、毎日が「ワクワク」「ドキドキ」する、まるで冒険のような日々を思い出しました。

そんな大人になっても鮮明に思い出せる、かけがえのない日々を送る子どもたちに元気をもらいながら、学童でもいろいろ「ワクワク」「ドキドキ」できるようにしていきます。
[ 2017/04/15 18:25 ]

子どもたちの生活とようす |
入学式
今日、公立小の子ども達は入学式でした。

あいにくの空模様でしたが、入学式をおえた1年生の子ども達の表情は晴々としていました。

また、2・6年生の子ども達は迎え入れる側として学校で頑張っていたようで、1年生の保護者の方から
「頑張っていたね。見ていたよ。」
と、褒められて恥ずかしがりつつも上級生として誇らしげにしている姿もありました。

新1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます!
[ 2017/04/08 19:27 ]

子どもたちの生活とようす |
2017年度がスタートしました。
いよいよ2017年度がスタートしました。

なかⅡにも例年以上に多くの新1年生が入所し、在所生も1つ上のお兄さん・お姉さんになりました。

たかが1年、されど1年。学童のことがまだ何もわからない新1年生に、「こっちで一緒にあそぼう!」「これはここになおすねんで。」「おやつの前には手、あらいや!」と声をかける上級生の姿に、この1年の子どもたちの成長を指導員も感じています。

今年度も、子どもたちが安心・安全に、かつ楽しく過ごせる学童保育にしていきます!

スタート2017
[ 2017/04/07 13:28 ]

子どもたちの生活とようす |
| ホーム | 次のページ>>