親子運動会が実施されました。
このブログでも度々ご紹介してきました、「第26回学童っ子親子運動会」が無事に開催されました。

天候にも恵まれ爽やかな秋空の下、天王寺・中央区の4つの学童が集まり、各学童が1つのチームとなって、しのぎを削りました。

今年度は、取り組みの中で初めてできるようになった技で出場する子が多く、スタートを待つ本人はもちろんですが、指導員も
「緊張しすぎてないかな…。練習通りうまくできるかな…。…頑張れ!」
と、ドキドキしっぱなしでした。
ですが、本番が始まると同じなかⅡの仲間の大きな声援も後押しになり、堂々と競技に臨む子どもたちの姿がありました。

そういった、一人1人の頑張りや挑戦を応援するようすは取り組み全体を通して見られ、なかⅡの子どもたちの結束を感じました。また、保護者の方たちの取り組みへのご協力と積極的なご参加、子どもたちへのはたらきかけ…と様々な面でご尽力下さったことがこの結束への大きな支えとなりました。そんな取り組み全体のようすは、まさに「親子」運動会の名を体現しているようでした。

今回の取り組みで、子どもたちが積み上げてきたことを今後の保育や取り組みの中で活かしていきたいと思います。
みなさん、お疲れ様でした!
[ 2016/11/05 18:35 ]

親子運動会 |
親子練習も実施しています。
引き続き、「親子運動会」の話題です。

学童の運動会は、「親子」の名に恥じない、保護者の方に出場していただく競技の豊富さが特徴で、保護者の方のみで行う「親競技」と、子どもさんと一緒に行う「親子競技」があります。

運動会は、4学童がそれぞれ1つのチームとして競い合うので、運動会に向けた練習は子どもたちだけではなく、保護者のみなさんにも積極的にご参加いただいています。

先日も、少し広めの公園で「親子練習」を実施しました。子どもたちと指導員だけで行っている普段の練習とはまた違った盛り上がり方をします。初めて運動会に参加される世帯の方たちにとっても、運動会の雰囲気を掴むとともに、交流を深める機会にもなっています。

また、お迎えの際に「練習させてください。」と仕事帰りでお疲れの中、学童で練習される保護者の方もおり、学童の運動会を大事にしていただいている事を実感します。

そんな子どもも大人も一体になって行う「親子運動会」はもう目前です!
[ 2016/10/21 19:58 ]

親子運動会 |
「伝承リレー」をご紹介します。
親子運動会の練習が続いています。そこで今日は、学童の運動会独特の競技、「伝承リレー」をご紹介します。

この「伝承リレー」は、大きな特色として、コマやけん玉といった「伝承あそび」を競技に取り入れています。1チーム4人がリレーで走る中…

1走者…竹馬(もしくは竹ポックリ)で走る。
2走者…走っている途中に縄跳びをするゾーンがある。
3走者…コマの技をしてから走る。
4走者…走っている途中でけん玉の技をするゾーンがある。

…といった形で、「伝承あそび」の技をしながらゴールを目指すのです。そういった特色もあり、初めての参加になる1年生の子どもたちには、丁寧に競技の内容を伝えていかなければなりません。

もちろん、今の高学年の子どもたちも1年生のころは何もわからず、上級生のお兄ちゃん・お姉ちゃんに教えてもらいながら練習して、運動会に出場しました。そうやって競技内容や練習方法が、上の世代から下の世代へ「伝承」さえていくようすは、学童の運動会ならではの魅力の一つです。

併せて、保護者の方にもご参加いただく「親子競技」「親競技」もあります。

子どもも大人もいろんな競技に挑戦するのが、学童の運動会なのです。
[ 2016/10/17 20:05 ]

親子運動会 |
| ホーム |