「おやつづくり」を実施しました。
先日、学年独自の「おやつづくり」として、
3年生が「マシュマロづくり」。
高学年が「ドーナツづくり」。
…を、それぞれ実施しました。

学童保育は、1年生から6年生までの幅広い年齢の子ども集団が大きな魅力の1つですが、その「縦の繋がり」をそれぞれの学年の「横の繋がり」が支えています。(もちろん、その逆もあります。)

それぞれの活動の詳細は、後日お伝えします!お楽しみに!


[ 2016/06/29 22:27 ]

子どもたちの生活とようす |
けん玉積み木
前回に引き続き、けん玉の取り組みの紹介です。

取り組みが続く中で、学童内に心地よいけん玉の音が鳴り響き、1人…また1人とけん玉を手に取り、あそぶ姿があります。

さて、一口に「けん玉」と言っても、本当にいろんなあそび方があります。
そこで今回は、けん玉の少し変わったあそび方をご紹介します。
まずは、こちらの写真をご覧ください。

けん玉積み木1


その名も「けん玉積み木」です。もう見たまんまですが、写真のようにけん玉を積み重ねて、いろんな形を作るあそびです。
けん玉1本からはじめる事ができ、本数を増やせば難易度は上がりますが、できる形もどんどん増えていきます。
ちなみに、3本使うとこんな感じになります。↓

けん玉積み木2


難しいように見えますが、バランスを考えてやれば意外と簡単にできます。
見た目が派手な事もあり、このあそびをしていると子どもたちも「何してるん?」と興味を持ってくれるので、けん玉教室が始まる前や、けん玉をした事がない子がいる時に、導入のあそびとしてよく行います。

果てしなく高く積む事も、芸術的な積み方を極める事も、あそび方はあそぶ人の根気とアイデア次第です。
けん玉をお持ちの方はぜひ一度やってみてください。
[ 2016/06/23 19:35 ]

あそびの紹介 |
けん玉の取り組み
けん玉の取り組み期間が始まりました。

学童の数あるあそびの中でも、特に積極的に取り組んでいます。

毎年、その年度に入所した子どもたちには、取り組みがはじまる日に学童からけん玉をプレゼントしています。

けん玉 20160621

「1本のけん玉」からはじまる、なかⅡのけん玉の取り組みをブログでも紹介していきます。
[ 2016/06/21 21:34 ]

未分類 |
ある日のあそびの中で
ある日のお話です。

一年生の子どもたちが工作あそびで船を作っていました。

最初は1人の子が始めて、誰を誘う事なく、黙々と作っています。
すると別の子が来て、
「何してるん?」
と尋ねます。

「船、作ってるねん。」
と、作りながら最初にあそんでいた子が答えると、
「面白そう!」
と、尋ねた子も同じあそびを始めました。

そんなやり取りを繰り返している中で、1つのあそびを通じてちいさな集団ができあがりました。

集団と言っても、同じあそびを別々にしているだけなのですが、見守っていると…
「金さん(指導員)、見て!見て!」
と、嬉しそうな子どもたち。
そこには、別々に作っていた船を合体して、1つの大きな船にする子どもたちの姿がありました。

船 201606


子どもたちの「あそびの世界」の奥深さには、いつも驚かされるばかりです。
[ 2016/06/14 21:00 ]

子どもたちの生活とようす |
手づくりおやつ「なすピザ」
学童では、指導員や時には子どもたちも一緒に作る「手づくりおやつ」をおやつの時間に実施しています。

今回、ご紹介するのは「なすピザ」です。

なすピザ 201606

茄子にピザのトッピングをかけたもので、なかⅡの「手づくりおやつ」定番メニューの1つです。

茄子が嫌いな子は、最初こそ、
「食べたくない…。」
と、言いますが、ひと口食べると…
「もっと食べていい?」
と、なってしまう魔法のおやつでもあります。

今後も、学童の手づくりおやつを紹介していきますので、お楽しみに。
[ 2016/06/10 21:54 ]

手づくりおやつ | コメント(0) |
6月になりました。
6月になりました。

2016年6月


暑かったり、雨が降ったりと不安定な天気が続いていますね。

そんな中で、1年生も入所してから2ヶ月が経ち、すっかり「放課後の家族」の一員になってくれています。
もちろん上級生も、今の学年がすっかり板についてきました。

そういった状況で迎える6月は、取り組みも本格的なものになっていきます。

子どもたちも調理に参加する「手作りおやつ」や、学年独自活動となる「3年生活動」や「高学年活動」。さらには室内あそびの設定的な取り組みとして「けん玉あそび」にも取り組んでいきます。

祝日もなく、夏休みもまだ少し遠いこの時期を、「6月が1年で1番好き!」と言えるような、楽しく過ごせる1ヵ月にしていきます。
[ 2016/06/04 19:25 ]

子どもたちの生活とようす | コメント(0) |
| ホーム |