高学年の野望
親子運動会が実施に向けて盛り上がっていますが、それと併せて高学年の子どもたちが、ある活動に向けて話し合いと作業を進めています。

今、高学年がコツコツ作っているのが、この箱です。

高学年 箱201610

さて、この箱を使って高学年はどんな活動をするのでしょうか。お楽しみに。
[ 2016/10/25 19:37 ]

子どもたちの生活とようす |
親子練習も実施しています。
引き続き、「親子運動会」の話題です。

学童の運動会は、「親子」の名に恥じない、保護者の方に出場していただく競技の豊富さが特徴で、保護者の方のみで行う「親競技」と、子どもさんと一緒に行う「親子競技」があります。

運動会は、4学童がそれぞれ1つのチームとして競い合うので、運動会に向けた練習は子どもたちだけではなく、保護者のみなさんにも積極的にご参加いただいています。

先日も、少し広めの公園で「親子練習」を実施しました。子どもたちと指導員だけで行っている普段の練習とはまた違った盛り上がり方をします。初めて運動会に参加される世帯の方たちにとっても、運動会の雰囲気を掴むとともに、交流を深める機会にもなっています。

また、お迎えの際に「練習させてください。」と仕事帰りでお疲れの中、学童で練習される保護者の方もおり、学童の運動会を大事にしていただいている事を実感します。

そんな子どもも大人も一体になって行う「親子運動会」はもう目前です!
[ 2016/10/21 19:58 ]

親子運動会 |
「伝承リレー」をご紹介します。
親子運動会の練習が続いています。そこで今日は、学童の運動会独特の競技、「伝承リレー」をご紹介します。

この「伝承リレー」は、大きな特色として、コマやけん玉といった「伝承あそび」を競技に取り入れています。1チーム4人がリレーで走る中…

1走者…竹馬(もしくは竹ポックリ)で走る。
2走者…走っている途中に縄跳びをするゾーンがある。
3走者…コマの技をしてから走る。
4走者…走っている途中でけん玉の技をするゾーンがある。

…といった形で、「伝承あそび」の技をしながらゴールを目指すのです。そういった特色もあり、初めての参加になる1年生の子どもたちには、丁寧に競技の内容を伝えていかなければなりません。

もちろん、今の高学年の子どもたちも1年生のころは何もわからず、上級生のお兄ちゃん・お姉ちゃんに教えてもらいながら練習して、運動会に出場しました。そうやって競技内容や練習方法が、上の世代から下の世代へ「伝承」さえていくようすは、学童の運動会ならではの魅力の一つです。

併せて、保護者の方にもご参加いただく「親子競技」「親競技」もあります。

子どもも大人もいろんな競技に挑戦するのが、学童の運動会なのです。
[ 2016/10/17 20:05 ]

親子運動会 |
運動会の練習が始まります。
タイトルをご覧になって「もう10月に入ったこの時期から運動会?」と思われる方も多いでしょう。

実は、なかⅡが所属する天王寺区・中央区の学童が合同で開催する「親子運動会」は、11月に行われます。季節的に運動会をするには肌寒い時期ですが、そんな寒さもふっ飛ばす、熱い運動会なのです。

名前の通り、親子で取り組む行事なのですが、やはり競技の主役は子どもたち!…ということで、その多くは「子ども競技」になります。先日、競技内容を伝える「子ども会議」が行われ、いよいよ本格的な練習が始まります。

運動会始動 2016


室内には競技ルールの説明も貼り出され、「親子運動会」のムードが高まってきました。今年も熱い秋になりそうです。

ブログでも練習のようすをお伝えしていきます!
[ 2016/10/08 18:31 ]

子どもたちの生活とようす |
10月になりました。
10月になりました。まだ日中は暑い日もありますが、朝と夜はめっきり寒くなりましたね。

2016年度も折り返しです。年度始めのころを思い返すと、生活や学習内容、子ども同士の関わり等、半年でも様々な面での子どもたちの成長を感じます。
1年生も漢字の勉強が始まり、「こんな漢字を習ったで!」と誇らしげにノートを見せてくれます。

今月は大きな行事に向けた取り組みも多く、忙しくなり体調を崩しやすい時期であると言えます。

取り組みを盛り上げつつ、子どもたちが元気よく過ごせるようにしていきます。
[ 2016/10/03 19:45 ]

子どもたちの生活とようす |
| ホーム |