3年生VS1・2年生
タイトルだけ見ると凄い物騒ですが、ケンカではありません。

外あそびで低学年中心に「鬼ごっこ」をしたのですが、普通の鬼ごっこでは、
「鬼ごっこはなぁ~。」
と微妙な反応の3年生たち。そこで指導員から、
「ほんなら、3年生対他の子全員の鬼ごっこならどうや?」
と提案すると、
「うん、やる!やる!」
と一気にやる気満々になり、3年生全員が鬼の「ふえ鬼」がスタートしました。

学童には6年生までの子どもたちが通っていますが、3年生にもなると、生活や取り組みの中でも中心的なメンバーとなる事が増えてきます。そんな頼れる上級生たちが活躍できる場となった今日の外あそびでした。
[ 2017/02/27 20:48 ]

子どもたちの生活とようす |
次の取り組みは…
いよいよ年度末が近づき、新たな取り組みがスタートしています。

入卒所式2017 0223

本格的に動き始めたばかりですが、今年度の集大成ともなるこの取り組みを、ブログでもお伝えしていきます。

お楽しみに!
[ 2017/02/23 20:25 ]

子どもたちの生活とようす |
「こま教室」はおわっても…
「こま教室」の取り組み期間がおわりました。

こま 2016年度 2


今年度も、子どもたちは熱心にこまに取り組み、メキメキと上達しました。そして、教室の期間がおわっても、こまで引き続きあそぶ子どもたちの姿があります。

認定で合格したよりさらに高度な技を練習する子、残念ながら認定では合格できなかった技をひき続き練習し、「次の認定こそは…。」と静かな闘志を燃やす子、認定前のように他の子と一緒に「こまバトル」や「長生きごま」でひたすらこまを回し続ける子…それぞれあそび方は違えど、そこにはこまを楽しむ子どもたちの姿があります。

「伝承あそび」と言うと、何となく「古いあそび」「難しいあそび」というイメージを持たれがちですが、その魅力は今のこの時代でも全く色あせておらず(むしろ輝きを増していると言っても過言ではありません。)、始めさえすれば夢中になれる要素がする人の数だけ存在するあそびで、その最初の「始める」というハードルを少しでも低くし、こまあそびの楽しさの入口への水先案内人となる事が、なかⅡでの「こま教室」の取り組みの大きな目的のひとつです。

「こまを始めたいな…。」と思ったあなた、一緒に「こまあそび」始めませんか?

こま認定カード2017 0223
[ 2017/02/23 09:21 ]

子どもたちの生活とようす |
コンサートごっこ
2017年度の入所に関するお問い合わせについては、お電話で
06-6771-1200(天王寺桃陽・五条なかよし学童保育所)
までお願いいたします。

延長保育(18:00~)の時間中、女の子たちが学童にある物を使って一定のスペースを区切りはじめました。
「お家ごっこかな?」
と思いながらようすを見ていると、今度は紙を取り出し切ったり書いたりした物を周りの子ども達に配りはじめ、しばらくすると指導員にもその紙をくれました。

2枚のバラバラの大きさの紙を見ると、
【しゅわコンサートをするので見にきてください。】
【チケット】
と書かれており、
「なるほど!」
と思いました。そう、女の子たちがしていたのはコンサートごっこだったのです。
チケットは本券と半券に分かれる本格的なものでした。

準備がおわると、他のあそびをしていた子ども達や指導員がお客さんになり、コンサートが始まりました。このコンサートごっこのように、いろんな子がいろんな形で1つのあそびの参加者になる事は、「自由あそび」ならではだなと感じます。

設定的なあそびと自由なあそび、それぞれをしっかり保障しながら、子どもたちのあそびの時間を豊かにしていきたいと思います。
[ 2017/02/17 11:44 ]

子どもたちの生活とようす |
こま認定
2017年度の入所に関するお問い合わせについては、お電話で
06-6771-1200(天王寺桃陽・五条なかよし学童保育所)
までお願いいたします。

「こま教室」の取り組みが続いています。普段から人気のある「こまあそび」ですが、こま教室の期間は特に盛り上がります。

その盛り上がりの理由の1つが、前回掲載した認定カードを使った「こま認定」です。

こま教室の期間中には「こま認定」の時間があり、練習してきた技を指導員や上級生に見てもらい、合格すると一人ひとりが持っている認定カードに合格のシールをもらう事ができます。

最初は「こまを回したいと思う」から始まり、基礎からゲームの要素も入った技も通して、少しずつ高度な技に挑戦していきます。

難しい技になるとなかなか思うようにできず、合格まで時間がかかることもありますが、周りの子や指導員にアドバイスをもらいながら粘り強く挑戦し達成していく中で、技術の向上と達成感を得ることができます。

こま 2016年度 1


今回の認定の中でも、多くの子どもたちがメキメキと上達しています。また、上手になった子がまだ練習中の子を励まし、アドバイスをする姿に、指導員も改めて「伝承あそび」の魅力を再確認しています。
[ 2017/02/15 19:50 ]

子どもたちの生活とようす |
こま教室はじまりました!
こま教室・こま認定が始まりました。

期間の開始と共に、↓のこま認定カードを配布し

こま認定カード2017 0213

早速、子どもたちも認定にチャレンジしています。

開始日となった今日は、ほぼ全員がこまで遊んでおり、上級生や技が上手な子に教わりながらみんなで一つのあそびを楽しむ事ができました。

当然、指導員もこの期間はこまに積極的に挑戦するのですが、私自身、長年できなかった技を認定開始日に合格するという幸先のよいスタートを切る事ができ、今年度のこま教室・認定も大いに盛り上がるのではと期待しています。
[ 2017/02/13 19:40 ]

子どもたちの生活とようす |
こま認定が始まります!
来週からこま認定が始まります。

子どもたちにも
「こま認定、もうすぐ始まるで~!」
と声をかけており、子どもたちの中でも徐々にこまに取り組む子が増えてきています。

このブログでも、認定のようすをお伝えしていきます。
[ 2017/02/10 19:21 ]

子どもたちの生活とようす |
ペーパークラフト
先日、工作あそびで「ペーパークラフト」をしました。

ペーパークラフト 20170209

カブトムシです。切り抜いた1枚の紙を折ってここまでの完成度になるものですが、そのぶん折り方が複雑になる部分もありました。

作ったのは1年生の子でしたが、誰の手も借りず
「ここはこうかな?」
「こうやって折ったらええんや!」
と試行錯誤の上、完成させました。

完成したカブトムシを
「こんなん作ってん!」
と、みんなに見てもらい
「すごいやん!」「かっこいい!」
と賞賛の言葉をかけられるその子の姿に、とても誇らしさを感じました。
[ 2017/02/09 12:20 ]

子どもたちの生活とようす |
2月になりました。
2月になりました。間もなく暦の上では春を迎えますが、まだまだ寒い日が続きますね。

「暦の上では春」と書きましたが、そう。今日は節分です。

鬼の面 20170203

今日は、いつもは優しい指導員が「鬼」になります。
[ 2017/02/03 13:53 ]

子どもたちの生活とようす |
| ホーム |