「もう1回やろう!」の中にあるもの
室内あそび用のあそび道具を複数導入しました。

一つはオセロ。大きめの石とそれを収納するスペースが盤についている本格的なものです。マグネット式やポケットサイズもお手軽ですが、「オセロやってるんや!」という満足感はやっぱりこういう盤の方が大きいです。何より、ギャラリーから見てもゲームの状況が一目瞭然のため、「そこの方がええんちゃう?」「あー、白めっちゃ増えた!」…と、ゲームをしていない子どもたちも大盛り上がりです。

オセロ20170624


もう一つは「7路の碁」。馬が人参を食べていくという分かりやすい設定で行う囲碁で、1年生の子ども達も「何これ?」と興味を持ち、指導員も一緒になってルールを確かめながらあそんでいます。わかりやすくなっているとは言え、導入したてで、まだまだ試行錯誤しながらですが、ゲームの得意な子は既にコツを掴みかけているようです。指導員の「オセロや将棋みたいに本格的な盤でやりたいなぁ~。」という野望とともに、盛り上がりつつあります。

これらの「勝ち負け」があるあそびで大切にしているのは、勝っても負けても「もう1回やりたい!」と思える事です。

勝ち負けが伴う物事(あそび)は当然、勝てば嬉しいですし、負けると悔しいです。でも、そういったあそびの本当の面白さは勝った時ではなく、負けた時にこそ問われます。それは、あそびそのものの持つ魅力に加え、そのあそびの場の雰囲気に左右されます。

今、なかⅡの自由あそびの時間には、子ども達の「やった!勝った!」「あー、負けた!」という声に混じり、「よっしゃ、もう1回やろう!」という声も聞こえています。そんな、勝っても負けてもお祭り騒ぎな雰囲気を大事にしていきたいと思います。
[ 2017/06/24 08:15 ]

子どもたちの生活とようす |
| ホーム |